2019年5月28日更新

うりぼうのネココラム・ニャンコ観察記

お外でのお散歩中に出会った様々なネコさんたちのちょっとしたしぐさや雰囲気など。そんなかわいらしさを伝えてくれるコラムです。

第1回「本日のニャンコ-背伸び-」

威嚇中。

スーパーに買い出しに行く途中の公園にいつもいる3匹のうちの1匹。もう顔なじみなはずなのに、毎回威嚇されます。

うにょ~~~~~~~~~ん。

他の2匹はどこに行ってたのかな?また撮影出来たらアップしますね。

この猫さんはうちのマンションから少し歩いた川沿いにいる少しポッチャリな美人猫さん。 桜耳なので、きっとご近所で可愛がられているのでしょうね。

最初の写真の公園近くにお地蔵さんがありまして、この猫さんはたいていその周辺でゴロゴロしてます。

離れた所で見つけて近づいて行くと、こちらに気が付いて、バタン→クネクネ→ゴロゴロと謎の動きをしていました。体がかゆかったのかな?

こちらは毎朝出社前に散歩する北浜の川沿いにいる猫さん。朝にこの川沿いに行くと、たいていエアコンの室外機の上でゴロンとなっています。

先ほどと同じく川沿いの猫さん、その2です。少し濃いトラ模様で、どうやら先ほどの猫さんと仲良しのようです。 この川沿いは細長い公園になっていて、別の場所にも数匹の猫さんが暮らしています。 ほとんどが桜耳で、地域の皆さんに可愛がられているようですね。

また猫さん画像が撮れたらアップしますので、のんびり待っててください~♩

  • うりぼう

    大阪市内在住、アラフィフの猫好きです。普段は市内の就労継続支援A型施設で電子書籍の表紙を作ったりしています。ペルオン実行委員会のメンバーでもあります。

    実は四十代の後半に脳梗塞を起こし、右半身に少しマヒが残っているので、そのリハビリ(症状が固定しているので現状維持)を兼ねた散歩をほぼ毎日しています。

    このコラムでは主にその散歩中に出会った猫さんたちをのんびりと取り上げてみたいと思います。いつも出会う猫さんが何度も登場したりすると思いますがご勘弁の程、宜しくお願いします。

ペルオンとは?

ペルオンはホープグループ、ミッション株式会社を母体にしたペルオン実行委員会が制作しています。

障害の当事者が作る当事者目線のサイトが作れないかと思い、サイトを立ち上げました。ペルオンという名前はPersonnes handicapées(ペルソンヌ・オンディキャピー)の略で、障害者仲間という意味からとりました。

当事者会・支援団体・家族・地域・職業・年齢などの枠を超えて、障害者に関係する全ての人が連携して、さまざまなことにチャレンジし、障害者の可能性を探ってまいります!

ペルオンに興味を持ったあなた!もうすでに、仲間なんです。

トピックの分類
精神障害の仲間
発達障害の仲間
知的障害の仲間
身体障害の仲間
その他の仲間
当事者
家族
支援者
医療従事者
研究者

「障害」の表記について

当サイトでは、「障がい者」を「障害者」と表記しています。

「障がい者」という表記の場合、音声ブラウザやスクリーン・リーダー等で読み上げる際、「さわりがいもの」と読み上げられてしまう場合あります。そのため、「障害者」という表記で統一をしています。

メルマガでいち早く、更新をご案内します。ご希望の方はメールフォームにてお申し込み願います。